レンタルスタジオを借りるときに気をつけることは?

レンタルスタジオは自分だけのものではない

レンタルスタジオは、時間ごとに料金を払えば手軽に場所を借りられる便利なシステムです。でも、自分たちが借りた後には必ず誰かが借りるので、注意しなければならない点がいくつかあります。まず挙げられるのは現状復帰。誰も汚いスタジオは借りようとは思いませんよね?使ったら借りる前と同じ状態に戻しましょう!もしも大きな傷や取れない汚れをつけてしまった場合は、後で料金を請求されることも。賃貸でも敷金を払って清掃や修繕に当てるので、汚してしまったらお金を取られるのは当然なのです。

時間は絶対守ること!

午前9時から12時までの3時間スタジオを借りた場合、その時間内で全ての作業を終えなければなりません。つまり、搬入、設置、目的の作業、搬出、清掃を3時間以内でこなさなくてはいけないのです。お金を節約するために短時間しかスタジオを予約しなかったら、作業が完了せずに出直しになることもありえます。そっちの方がお金がもったいないですよね?レンタルスタジオを借りるときは、予想される時間よりも長めに予約を入れる方が良いです。時間内に清掃が終わらなければ、後で使う人の迷惑になってしまいます。

利用規約をよく読もう!

レンタルスタジオによっては、規約の中に様々な決まりごとが書かれている場合があります。土足厳禁でスリッパを持参すること、駐車場に大型車は入れないこと、壁に画鋲などの穴を開けてはいけないことなど、挙げていけばきりがありません。「以前借りたスタジオではこうだった」と言っても通用しません。やりたい作業が規約にそぐわない場合、何も出来ずに終わってしまいます。トラブルを避けるために、利用規約はしっかりと読んでからスタジオを借りましょう!

神奈川県で楽器やダンスなどで利用するレンタルスタジオなら横浜市にたくさんあるので、インターネットなどで探すとすぐに見つけることができます。